ノート型パソコン等の準備について

はじめに

今年度は新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、多くの講義が遠隔で行われます。本学では遠隔講義での効果的な学びを実現するために、「Google Classroom」と「LMS Moodle」を活用しています。そのため、皆さんはこれらのツールを使いこなせるようになることが遠隔講義を受講する上で重要となります。また、本学は皆さんのBYODBring Your Own Device) による学びを推進するために、「Office365の包括ライセンス」を契約しています。この契約により、皆さんは自身のノートPCに無償でOffice365をインストールし、レポートやプレゼンテーション資料作成等に利用できます。ここでは皆さんが遠隔講義を受講する上で役に立つ資料やチュートリアル動画を用意していきますので積極的に活用してください。なお、資料の閲覧やチュートリアル動画を視聴する場合、ユーザー認証を求められる場合があります。その際には「ユーザー認証情報通知書」のアカウント情報/メールアドレスを入力して下さい。

 

ウイルス対策ソフト

皆さんが所有するBYOD機器を本学のネットワークに接続する際には、皆さんの機器にウイルス対策ソフトが導入されている必要があります。本学ではF-Secure社のウイルス対策ソフトを無償で提供しています。詳細はこちらをご覧下さい

ここでは、ウイルス対策ソフトのインストール手順を示したチュートリアル動画(Windows)を用意しました。インストール作業に不安がある方は事前にチュートリアルを見てから作業を始めて下さい。

ウイルス対策ソフトのインストール方法(Windows)

ガイダンス

当センターでは、皆さんが遠隔講義の受講やBYOD環境での学びに特に必要と考えられる内容をピックアップしたガイダンス動画とその資料を用意しました。ガイダンス動画/資料を見ながら各自で作業を進めて下さい。具体的な内容は以下となります。

1.  Google Classroomの利用方法

 ・はじめに

    ・Google Classroomの起動方法

 ・クラスへの参加方法

2.  Moodleの利用方法

 ・Moodleにログインする方法

 ・  課題を提出する方法

3.Office365のインストール方法

4.ノートPC, Wi-Fiルーターの貸出案内 (動画の最後を見て下さい)

Google Classroomの利用法

Google Classroomを利用する上で大変役に立つチュートリアル動画を用意しました。遠隔講義が始まるまでに一通り目を通しておいて下さい。

screen tagサポート
ja日本語

 

 


Copyright ©2020 CITE, 豊橋技術科学大学